今昔散歩重ね地図 Powerd by 地図太郎定価21,000円(税込)

見たままをプリント、画像ファイル出力も可。

見たままをプリント、散策のお供に

画面上に表示された地図を、見たままにプリントすることができます。紙の資料として又は、散策のお供などにご利用いただけます。

印刷を実行すると下のイメージの様に、地図の四隅に経緯度、中央下部にスケールバーが自動的に追加され、指定された用紙いっぱいのサイズで印刷されます。


プリントイメージ


プリントイメージ
(江戸と現代地図の重ね合わせ)

※印刷のサイズ、画質について

画面イメージをそのまま出力するもので、縮尺を指定して印刷することはできません。用紙サイズはプリンタに左右され、大きな用紙にもプリントできますが、画面イメージが拡大されて印刷されるので粗くなってしまいます。

画像ファイルとして書き出し他のGISソフト等で楽しむ

今昔散歩重ね地図では、印刷だけではなく画面イメージを画像ファイルとして書き出し(保存)可能です。

3種類の画面イメージの保存

画面イメージは、以下の3通りの保存方法があります。

  1. 印刷と同じイメージ(スケールバー、図郭線、四隅緯度経度あり)のJPEG形式ファイル
  2. 画面イメージだけ(ESRIワールドファイルも保存)
  3. 画面イメージだけ(Google Earth KML ファイルも保存)

Google Earthでは、開くだけの簡単配置!

Google Earthでは、 KML形式のファイルを開く又は、ドラッグ&ドロップするだけで縮尺、位置などを自動的に合わせて、Google Earth上に配置してくれます。

Google Earth上に配置された画像は、ひとつのレイヤとして扱われ、透過表示や拡大縮小、そして回転など様々な機能を利用可能です。

上の画像は、江戸の地図の上に「建物の3Dレイヤ」を重ねて、現代の建物を重ねたところです。

Google Earth 用、サンプルデータ


edo.kmz
(298KB)

上記のように江戸の地図を表示できる、サンプルデータファイルです。GoogleEarthがインストールされた環境で開くことで、江戸の地図を表示できます。(iPad、iPhone版GoogleEarthでもご利用いただけます)

コメントは受け付けていません。